革のバッグを長持させる手入れ方法

バッグや財布には革製品の素材がたくさん存在しています。革製品は基本的に耐久性に優れているので長く使用することが可能です。しかし、長く使用できるかはその人によって異なります。長い間使いたいと考えている人は手入れが重要となります。今回は革素材の手入れ方法について紹介します。

まず、革のバッグの手入れで大切なことは汚れを落とすことです。バッグは日頃から外で持ち歩くアイテムのため、汚れや埃などが付着する可能性が高くなります。放っておくと、綺麗な状態を保つことができなません。定期的に汚れはブラシや乾いた布を活用して取り除くようにしましょう。

また、革の素材は保湿をすることも長持ちさせるための秘訣です。革は乾燥し過ぎてしまうとヒビ割れが発生します。ヒビ割れが発生すると長期間使用することは難しいでしょう。ひび割れを防ぐためにも保湿をすることが大切です。保湿をすることでヒビ割れを防ぎ、ツヤも取り戻すことが可能です。このように、説明したことを定期的に行うことでバッグを長年使用することができます。
ですが、自分で出来るお手入れにも限界があります。持ち手部分が切れてしまったり、ファスナーの故障など、修理が必要になってしまった場合は専門の業者に依頼をすれば直してもらえますで、相談してみましょう。

これからバッグの購入を考えている人は、お手入れや修理について事前に知っておくことで、綺麗に長く使えます。あらかじめ調べておくと良いでしょう。

参考|http://www.kutsusenka.com/service/bag-repair/
靴・バッグの修理、クリーニングを行っている【靴専科】

良いバッグを見つけるためには?

バッグはデザインが良くても、使いづらいものを選ぶと後悔するでしょう。世の中には気に入るバッグもあれば、あまり良くないバッグも存在しています。長く使えるバッグが欲しいと考えているみなさんのために、良いバッグの選び方について紹介します。

まず、ポケットの大きさと数は確認しておくようにしましょう。ポケットが少ない、逆に多すぎるなど、バッグの中身が思うように整理が出来ず大変です。また、ポケットのサイズについても重要です。小さすぎると入れたいものが入らず困り、大きすぎても入れたものを見失います。ポケットの大きさと数はあらかじめ確認しておかないと後悔をすることが考えられます。こだわって選ぶようにするとよいでしょう。

また、必要以上に重たいバッグも避けることもポイントの一つです。重たいバッグは肩だけではく、腰にも負担を与えます。持ち歩くだけで体への負担が大きくなります。バッグの重さとして理想は1㎏以下と知られています。持った時に重いと感じないバッグを選ぶと、長く使い続けることができるでしょう。

このように、バッグといっても種類はたくさん存在しています。後悔しないためにもあらかじめ調べて良いバッグを見分けられるようにしましょう。